iPhone修理

ボタン類の効きが悪いと感じたらiPhone修理専門店へ

iPhoneのボタン類の効きが悪い場合、プログラム的に何か不具合があるのかなと思ってしまいますよね。何かアプリを入れた直後だったり、OSをバージョンアップした直後だったりしたら尚更です。ですが、ボタンの効きが悪い場合の多くは物理的な故障の可能性が高いです。なのですぐにでもiPhone修理の専門店に持ち込んで修理してもらって下さい。ボタンの効きが悪い場合、内部にゴミが溜まっている、ボタンの下のスイッチが故障している、ボタン自体のどこかが破損してしまっているなどの原因が考えられます。
そのどれもがiPhone修理店で対応可能です。原因によって修理費は大きく変わりますが、ボタン類の不具合は修理費が高額になるという事は少ないのでちょっとでもおかしいと思ったら持ち込んでみても良いのではないでしょうか。 ボタン類の修理の際にはiPhoneのガラスと液晶を剥がす事が多いです。ですので、そのついでにバッテリー交換や、ガラスが割れていればその交換などもついでにやってもらうのがオススメです。一度のiPhone修理で全て終えてしまえば余計な時間を使う事が無くなります。修理時間は1~2時間くらいというのが普通ですので、買い物に行くついでに修理を依頼してみるのも良いと思います。

更新情報